ネズミ駆除とイタチ駆除を行なって建物や住民への害獣被害を防ぐ

住宅にイタチやネズミが出現した際は業者に駆除を依頼しましょう

イタチやネズミが発生すると大変!賃貸住宅での被害

男女の作業員

イタチやネズミなどの野生動物は都心部にも進出しており、住宅にこういった動物が住み着くトラブルは急増してきています。賃貸住宅などの物件でも害獣被害は発生するので、被害が発生した場合はすぐに対処するようにしましょう。そして、賃貸住宅での注意点を踏まえた上で、駆除や対策を実施することが大事です。

ネズミやイタチがもたらす被害とは

最近自宅近辺にイタチをちょこちょこ見かけます。放っておくとどうなりますか?
イタチは夜行性であるため住宅に住み着くと夜間天井裏を歩き回り、物音を発生させて睡眠を妨害してしまう可能性が高いです。天井裏や壁の中にある断熱材を食い荒らして巣を作るので、住宅の断熱効果が著しく低下します。またイタチの身体にはダニやノミが寄生しており、住み着くと住宅内に住んでいる人がノミやダニに噛まれてしまうことが多いです。住宅の衛生環境はどんどん悪化してしまうので、イタチを見かけた際はすぐにイタチ駆除を行なうのが適切です。
家にネズミが住み着いているようです。ネズミ駆除をしたほうがいいですか?
ネズミは繁殖力がとても高く、放っておくとどんどん数が増えていってしまいます。人への被害や住宅への被害も同様に増加してしまうため、住宅にネズミが住み着いた場合は早めにネズミ駆除を実施しておきましょう。雑食性であるネズミは色々な物を食べるため、住み着くと住宅の中にある食品が食い荒らさられてしまうことが多いです。ペストなどの感染症を発生させる危険性もあるため、ネズミ駆除は業者に依頼するのが最適です。詳しい駆除方法を知りたいという場合も、業者に相談しましょう。

賃貸住宅で起こったトラブル

イタチやネズミといった害獣の被害は全国各地で多発しており、ネット上などでは多くの被害例が報告されています。まずは実際にイタチやネズミの被害を受けた方のコメントをチェックし、どういった悪影響が発生するのかを把握しましょう。

実際に被害を受けた人の声

屋根裏に住み着いて大変でした(30代/男性)

現在住んでいる賃貸住宅の屋根裏にイタチが住み着いてしまい、糞や尿で屋根裏の断熱材がひどく汚れてしまいました。臭いもひどくて日常生活に悪影響が生じていたので、駆除業者に退治を依頼しました。施工後に屋根裏の清掃も実施してもらったので、住宅環境を元の状態に戻すことができました。騒音被害もなくなったので非常に満足しています。

毎晩うるさくて夜も眠れませんでした・・(30代/女性)

最近移り住んだ賃貸住宅にネズミが住み着いてしまい、ネズミが歩き回る音で眠ることができなくなってしまいました。しまいには室内で保管している食品がかじられたり、糞や尿で悪臭もしてきたりしたので駆除業者にネズミ駆除を実施してもらいました。施工後は物音が発生しなくなり、室内の臭いも改善されたので今後は快適な生活を楽しめそうです。

イタチやネズミは様々な物に悪影響を与える

イタチは獰猛な性格であるため、自宅で飼っているペットに危害を加える可能性が高いです。場合によっては攻撃されることで病原菌に感染してしまうこともあるので、住宅でペットを飼っている場合はイタチ駆除やネズミ駆除をすぐに行なうようにしましょう。また野生動物の糞や尿は、住宅内に異臭やシミを発生させる原因になります。早めに駆除を行ない、再発防止を図ることが大事です。

TOPボタン